レンタル TSUYOSHI MIYAMOTO
Recently
Archive
Category
Link
Profile


100626

今日のような雨の1日に、
その雨を楽しめる家がいい。
雨が心にしみる家がいい。
心を解き放してくれる家がいい。
静かに時間を楽しめる家がいい。






★ 


100625

今日の日本代表の試合を見てると、なんだか「美」のようなものを感じたよね。
組織というか、人が集まって何かの目的に動く時、
それぞれの役割を意識し、確実に遂行し、なおかつ集合体として、一つに円を描く。
それが真円であればあるほど、美しく、強いということだろうね。
もちろん、それぞれ個人の力や相性も重要なんだろうけど、
簡単な事のようで、実に難しいんだろうなと自分の環境に置き換えて想像しちゃったよ。
まぁ、きっとどの組織でも同じなんだろうけど。

とても素敵な時間だったな。
きっと、ああいう勝ち方すると気持ちいいだろうね。
日本にかなり勇気と喜びを与えてくれたと思うしね。
彼らをうらやましく感じたし、次の本戦も美しい勝利を期待しちゃうよね。
すげ~な。




★ 


100622

なにか、張りつめた心のどこかに小さな穴が開いてしまったような・・・。
ただ「力のあるいい写真」を撮りたいだけなのに・・・。

世界の中の日本の小さな街に住む僕の思いは
小さな穴からもろくも崩れていく。

こんな事を過去に何度繰り返してきただろう。
その都度、後悔して、挫折して、時間をかけて自分を信じてきた。
自分でもいやになる。
けれど心の底では僕は僕でありたいと願う。
その源が何処にあるのか分からない。
そんな風に、きっと今まで僕は僕を守り続けてきた。
カッコよくもなく、確かに人からは誤解や馬鹿だと思われる事も多い。

でも、しばらくすると不思議と勇気が湧いてくる事も知っている。
何度も繰り返してきた事だから。

僕を必要に思ってくれる人がどこかにいる。
自分を信じ、写真を信じ続ける事はとても苦しいけど、
そんな風に生きていくしか出来ないのかもしれない。

写真が好きだ。
この事だけが僕の心の支えなんだろう。




★ 


100618

あけぼの園のみんなの作品がいいんです。
何だろろね、いいんです。
BESIDEってタイトル、いいよね。
みんながわくわくしてるっていいよね。
写真を喜んでくれて、ありがとう。うれしいです。

雨あがってよかったね。


周南あけぼの園
http://ameblo.jp/syuunanakebonoen/

BESIDE
http://beside1920.soreccha.jp/



★ 


100617

人の心を軸にした職業は多い。
ほぼすべての職業が個人であったり、人間であったり、社会であったりと、
当たり前の事にふと気がつくと、なんだかとても不思議に思う。

人々の心の中にすべての職業が存在する理由があるのだ。

しかし、恥ずかしながら「写真」が必要な理由が認識できない。
僕自身、撮影側に立ち、写真そのものを必要に感じた事がきっとないのかもしれない。
全く無責任な話なのだが、これがたぶん正直なところなので仕方ない。
ひょっとしたら、心のどこかで「写真なんてくだらない」と思っているのかもしれない。
写真を壊したいと思っているのかもしれない。
もっといえば、自分を壊したいとか、くだらないと思っているのかもしれない。

写真が面白い。どこかどっぷりで中毒的な作用があるかもしれない。

そんなこんなでくだらない話でした。

追記> 
もし、僕が僕に撮影されたなら、その時に僕はそのレンズにすべてをゆだねる事が
出来るのかもしれない。つまり、僕は僕という写真屋に写してほしいのだ。
すべての人とまでは言わないけれど、そんな写真を写していけたらと思う。

僕の興味は人であり、自分であり、決して写真そのものではないのだと思う。
たとえ被写体が人以外の料理や作品や製品であってもその中に人を感じてるのだと思う。
そんなところが僕の特徴なのかもしれない。

これまた、くだらない話でした。


★ 


100603

・・・
人に対する漠然とした好奇心、
人に対する漠然とした愛情。

私が今ここに生き、ここに sonzai するように
すべての人は生き、そこで sonzai する。
・・・。
( 2005, 2008 写真展「 s o n z a i 」より )

2010.6.3 ガチャガチャな頭でそのことを想う。





★ 


100601

DSC01020_1.jpg



P-☆





/