レンタル TSUYOSHI MIYAMOTO
Recently
Archive
Category
Link
Profile


120917

<メモ>
ほんとうのことは、その壁の向こうにある。


★★★


100529

こういう事じゃないの?
もしかして・・・。

あ~言葉にできない。
なんだ?

なるほど、そうなんだ。
つながってきたぞ。

きっと たぶん そうなんだ。


★★★


091219

山口美少女図鑑の表紙です。


091219.jpg

どうぞ手に取ってご覧ください。
設置場所は → http://www.bishoujo-zukan.jp


★★★


090908

見えました。

それは、はるか彼方にあるものだとずっと思ってきました。
それを苦しいほどに求めてきました。
悶々とした心の内とは関係なく、日々は刻々と過ぎてゆきました。

見えました。
一皮むいた心の中に、


僕の中にありました。



★★★


090904

ただ思う。いい写真を撮りたい。

人の心にいつまでも突き刺さったまま・・・
僕の心にいつまでも突き刺さったまま・・・

その写真が僕の体の一部に同化して、

僕の足はこの写真で出来ています。
僕の手はこの写真で出来ています。
僕の胴体はこの写真で出来ています。
僕の顔はこの写真で出来ています。

・・・・・。

僕は写真になりたい。



★★★


090702

酔っぱらってる。目が開かない。
でも、言っておきたい。
俺は幸せだ。すごく幸せな男だ。
だけど、俺に腹が立つ。
とうの俺自身が駄目なのだ。何が駄目なのか分からん。
くそ馬鹿だ。

寝る。

追記> 酔っぱらって、意味不明です。 まっ、そんな夜もあるわね。


★★★


090608

人がなにかを「世に生みだす」時の脳内で何が起きているのだろう?
今、特にレベルの高い創造者のそれに興味がある。
いったい何を考え、組立、現実に落とし込んでいるのか?
脳内の回路図にある程度の道筋があるように思えるのだ。
優れている者になればなるほど、その道筋にぶれや無駄がなく、
高速道路のように目的地に素早く到達出来るような・・・。
天才ではない僕らも繰り返し訓練を積めば、一般道も高速道路のようになるかもしれない。
まだまだ、僕は使われていない脳の回路があると感じるんだ。
それに気づきはじめた僕は、どうしてもその錆びついた回路、一度も使われたことのない回路に電気を通し、その先の自分あってみたいと思うのだ。
(ショートしちゃたりして・・・。その可能性はあるな)
まだまだ、僕は自分の無意識に作り上げた柵の中で遊んでいるだけだね。
その外の世界、無限に感じるその世界が不安なだけ。怖いだけなのだ。
行き方を知らないだけなんだと思うよ。
きっと僕だけじゃない。あなたもきっとそうだと思うよ。
違うかい?
あの地平線のむこうで話し声が聞こえるよ。楽しそうだよ。
だから、僕はあそこに行く準備を始めるよ。
どぉう? いっしょに行くかい?
でもその前に行ったことのある人の話を聞いてみようよ。
ヒントになると思うんだ。




★★★


090606

miyamoto-tsuyoshi.jp リニューアルオープン。

パンパカパ~ン パパパパパカパ~ン。


★★★


090401

過去に、僕をこれほどまでに夢中にさせたものがあるだろうか?
他人からすれば「お前アホちゅうか?」って事になるかもしれない。
だから内容には触れない。

僕もたいそうな事は言えないが、この数十年で人間は発展した。(んだろう)
(よく知らないけど)
多くのものを感覚的に人間に近づけてきた。(?)
宇宙、自然、科学、医学、そして家電から自動車ねどの工業製品。
これでもか これでもかと追い求めてきた。(たぶん)

僕にはもう充分すぎる。(ように思える)
この感覚は、ある意味で社会からのリタイヤを意識することかもしれない。
あらゆるものが必要十分をとっくに満たしているのだ。(ほんとか?)

しかしここからが重要になってくる。(無責任ですが)
やがて社会も僕自身も逆行していくに違いない。
放物線を描きながら、美しくバランスのとれた社会に僕たちは着地する。
(そんなわけないかな?)

そんなこんなで、(思うのです)
いつか近い将来、本当に大事なものをただ大事にして生きていきたいと・・・。
それが僕のパラダイス。


★★★


081007

SanRai.jpg

10・7 SanRai 創刊。→ ※コチラヘ※


★★★


080929

次、次、次...、どんどん次に。


★★★


080417

「 奥田瑛二 」を撮る。写真を楽しんだ。この男に惚れてしまった。またお会いしたい。


★★★


080314

感動したんだ。同時に僕の薄っぺらさに、時代の薄っぺらさに、時間の薄っぺらさに、悲しみを感じたんだ。

僕たちはその身をすり減らしてまでも、行かなければならないところがあるのか?
信じているものは、その先に本当にあるのか?
内から湧き出てくる欲に、突き動かされてるだけではないのか?
僕たちは何処へ、
そして、僕はいつそのレールから降りるのか?


★★★


080211

僕の見たいのは、こんなんじゃない。
目の前の扉を開きたい。
分かってるんだ。怖いんだ。
分かってるんだ。答えはずっと昔から
僕には僕の「写真」ってもんがあるんだよ。
僕の中に僕の写真。
ただ、それだけが僕の写真ってことなんだ。




★★★


080202

撮影の現場は繊細なものだと思っている。スタッフ全員の脳みそ全体が一枚の写真のためにあるはず。いくらクライアントであってもそれを淫らに乱してほしくはない。上から目線の無神経な発言は勘弁願いたい。僕たちをうまく使って欲しいのだ。もしくは撮影に一緒に参加するなどして、喜びを共有してほしいと思う。美しい空気以外、現場では必要ない。


★★★


080123

雑誌(?)を作りたい。


★★★


080114

080114.jpg

この2日間仕事を共にした、10人近いスタッフと環。たまらなく楽しい時間だったよ。映像の原点がそこにはあったんだ。あの人の元でね。こんな時間のつながりだけで生きてゆけたら僕は幸せです。


★★★


071229

071229*.jpg

★★★な夜だよね。時間よ~止まれ♬


★★★


071220

東京四谷、文化放送前の急な坂を下ると表通りのビル群から静かな下町の匂いの残る通りが現れる。そこにその小料理屋が今でもある。「ねこじゃらし」あっさりとした作りの飾りっけもない、一見ごく普通のお店。落ち着けるということなのか、芸能人や舞台俳優、業界人も多く訪れる隠れた大人のお店。その「ママ」というか「おばちゃん」というか、懐かしい声を今日聞くことが出来た。気持ち舌ったらずのかわいらしい声、思わず「おぉ~おばちゃん、元気ですか~」「なつかしい~」その瞬間、iichikoのお湯割り梅干し入りが脳みそいっぱいの映像で現れた。ほぼ毎日このスタイルが師匠と僕の夜だった。言ってみればこのお店で僕は「写真を一生の生業」にすることが出来たんだと思う。奥から二番目のカウンターに座り、ただ悔しくて泣いたこともあった。酔っぱらってお尻に打ち上げ花火をさして、発射させたこともあった。ただ、師匠に負けたくなかった。いつか手土産の一つでも持って、少しは立派になりましたと言ってみたい。その時も当然iichikoがいい。


★★★


071216

071216.jpg

高橋秀哉(Syuya Takahashi)展がHONCHO-CLUB(本丁蔵部 / 周南市児玉町2-25)で12/19までやっている。この人を僕は好きだ。質の高い刺激とお酒で楽しい夜になった。


★★★


071212

『真』は、内にあるのか? 気配にあるのか?


★★★


071126

今日は人物撮影だった。久しぶりの男性。驚いたね、写真ってなんてすごいんだろう。言葉に出来ないよ。人間ってなんてすごいんだろう。言葉に出来ないよ。僕じゃない違う誰かが写してる気がするんだよね。今思えば、こんな不思議な感覚がいつの頃からか何となくあった気がするね。僕の脳みそを超えてその場の人たちのエネルギーみたいなものがろ過され高い純度でレンズを通り抜けてくる。宇宙に向けられたパラボラアンテナが微弱な電波を一点に集めてるように・・・。話かわるけど、潜在的な能力ってあるじゃない?五感の先に。それが重要なんじゃないかなぁ?なんか線があるような気がするんだよね。その内側はいわゆる日常で、言葉にできたり、理解や理屈の世界。その先に行くと無重力というか無というか自身でコントロールできないみたいな?なんかよく分かんないし、うまく説明出来そうにないし、めんどくさいからこの話終わりにします。
また飛んじゃうけど、昨夜、こんな番組みたのよ。良かったね。あんな生き方したいのよ、きっと僕は。それはさておき、いいドキュメンタリー番組でした。


★★★


071109

昨夜、突如強い自己否定にかられた。現在の僕はこんなにもデジタルを多様しているのに、そのすべてに薄っぺらさを感じてしまったのだ。同時におもいっきり過去の写真手法と時間に衝撃的なあこがれを感じてしまったのだ。どこかでバランスをとらないと、きっと薄っぺらいただのカメラ小僧にまってしまう。危機感を感じてしまう。


★★★


071108

071108.jpg

衝撃、感激。世界へと通づるレールの上で戦っている人々に、この町でお会いすることが出来るなんて・・・。幸せだ。何か写真として関わることが出来たらいいなと思う。


★★★


071028

071028.jpg

彼から始まったアーツ&クラフツとその周りの思いのある人々。そのたった一人の人間がいるかいないか、それが大事なんだね。誰にでも出来る事じゃないってことだよね。まずはすべての人たちに「お疲れさまでした」とてもステキでした。


★★★


071024


最近、夜中にひとり玉をなでている。手のひらサイズでコロコロしててホントにかわいい。最初は水分を含んで黒かったけど、今ではなんとも言えないツヤを発している。今日気づいたのだが、そいつを手のひらで優しくなでてやると心がす~と落ち着いてくる。今の宝物は僕の作ったこの泥団子。


★★★


070808

070808.jpg


すてきな一日、いろんな人をすてきに感じ、教えられ、そんなことにありがとうございます。


★★★


070715

070715.jpg


脳幹に通ずるような奥底の五官からピースサインが出ていた。それはここが間違いじゃないという証拠。僕はそれを写真の網で表現に転化したいと思った。僕のここへの挑戦を始めたいと思う。


★★★


mite mite mite !!

http://blue.ap.teacup.com/yokoyama/
発見。ステキ。スキ。この感じ。イイノヨ~。


http://www1.neweb.ne.jp/wa/yokoyama/
[月刊YOKOYAMA] 
no image



★★★


070628

070628.jpg


おはようぉ~。 きのうの夜はオモロかったでぇ~。 あんたらもアホやで~。


★★★





/